So-net無料ブログ作成
検索選択

32日目!トルコの長い夜 [イスタンブール-トルコ-]

istanbul205.JPG
大学パーティから戻ったオレに待っていたもの。
それはまさに地獄であった。

Sponsored Links



そう、夜も遅くのことだ。
すでに四人部屋のドミトリーには寝息が響いている。

オレは彼らの眠りを妨げぬようにと
静かにブランケットをかぶり、ウトウトと船を漕ぎ始める。

そんな絶妙なタイミングで部屋のドアが開いた。
最後の宿泊客が帰ってきたのである。

しかも女連れで。

そして数分後、揺れまくる隣りの二段ベッド
ぜったい上の人起きちゃうよこれ!

しかも音量をミュートにする気はさらさらないらしい。
暗闇の中、淫靡な音の洪水がボクのお耳に反響する。
ちくしょう!
なぜ暗視スコープを持って来なかったんだ!オレは!

IMG_0090_R.JPG
い、いやちがう!そうじゃない!
そんなんは、どうでもいいんだ!
えと、いや、もう!くそがぁ!

なに考えてんだ!キサマら!
そんなん個室でやれや!
しかも五分でフィニッシュしたかと思えば
まさかの二回戦だと!?

ニワトリか!キサマは!

男ならキレよう!
もしくは混ぜてもらおう!

オレがそう思った瞬間である。
「ブッ殺すぞ!クソガキどもがぁあああああああ!!!!!」と
100デシベル超えの大音声が部屋に響き渡った。

黙れ.jpg
あーあ、上のおいちゃんキレちゃったー。

その怒声にエロガキはおとなしくなるかと思いきや
「ああ?うるせーな、邪魔すんな!」と
まさかの逆切れ街道をセレクション。
こいつぁ予想外だぜ!

まさかの反撃にオッサンはますます逆上し
ついに120デシベル超えの大音声が響き渡る。

・・・こんなにファックって単語を
聞いたの人生で初めてだなー

しかもエロガキは「うらやましいのか?惨めだな!この負け犬が!」と
完全に煽っていくスタイルまでご披露し始める。

IMG_7880_R_R.JPG

その言葉にヒートアップした
上半身ハダカのオッサンは床に降りたち
下半身丸出しなエロガキと叫び合っている。

なんだ、このカオスは?
オレが前世で何をやったというんだ?

オマエら外出て拳で語ってこいや。と言ってやりたい。

でも、こんなおそろしいのボク止められないよう。

ボクの上にいるお兄さんの寝息だって完全ストップです。
実は起きてるんでしょう?お兄さん!
一緒に寝ようよ!
ボク怖い夢を見たんだ!ケタステー!

ドンドンドン!
ドアを叩く音がする。こわいよう。
ガンガンガン!
ドアを殴る音がする。こわいよう。
ガチャ!!
カギが開く音がする。終末にやってくる大天使ミカエル?
いや従業員サマだ!はやくケタステー!

オッサンとエロガキは
朝になっても帰ってこなかった。

そしてオレとお兄さんは
完全に目が冴えてしまい、
こんばんわ、ボクのび太です。と
自己紹介が始まるのであった。
00013_R.JPG


Sponsored Links


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。