So-net無料ブログ作成
検索選択

23日目!フィレンツェ美術館めぐり [フィレンツェ-イタリア-]

job_gakugeiin_R.png
フィレンツェには数多くの博物館がある。

Sponsored Links


厳密には一日で巡ったわけではないが、
それら街の美術館たちを紹介してみようと思う。
uffize.jpg

まずこの街で一番有名な美術館と言えば『ウフィツィ美術館』だろう。
この呼びにくい名前の美術館には
メディチ家の膨大なコレクションが収められており
『ビーナスの誕生』など有名どころの絵画をあまねく楽しむことが出来るのだが・・・
Firence130.JPG
こんなん絶対無理。
ニネは「そこ、研修でもう行った!」ということなので
朝一番、一人で訪問してみたのだが
この有り様は一体何事なのか・・・
ウワサでは二時間以上待つらしい。

バカンスシーズン観光地はどこも行列ができている。
今まで行った国でも名所には行列ができていたのだが
イタリアは行列の進み方が特に遅い気がする。

待っている内に「もうええわい!」と
帰った人も多いのではないだろうか?

むろん、オレもその一人である。
こんなん予約とらんと入れたもんじゃねぇわ!

Firence023.JPG
次に『ヴェッキオ宮殿美術館』である。
ここはフィレンツェ共和国の政丁舎として使われ
現在でも市庁舎として使われている由緒ある建物だ。

Firence062.JPG
五百人広間と呼ばれる市民議会場は
スケール、絵画ともに圧巻であったが
本音を言うと他の絵画をあまり覚えていない。

Accademia_R.jpg
そして、そこから歩いて十分ほどの場所に
『アカデミア美術館』がある。
『ミケランジェロのダビデ像』があるとこだよ。と言えば
だいたい全ての説明ができる美術展だ。

ここにも行列ができていたが、待ち時間は三十分程度と楽勝すぎる。

Firence146.JPG
そして中に入るとさっそく『ダビデ像』のお出迎えである。

さきほどのヴェッキオ宮殿前の広場にも模造品が飾ってあるが、
やはり本物の迫力は段違いだ。

ちなみに写真撮影は禁止されているが
観光客たちはパシャパシャしまくりである。
係員も「撮るな撮るな!」と叫んでいるが、
敵が多すぎて、もうどうしようもない。

じっくりと美術館賞をするには少し難があるが
なんか鉄火場みたいになっていて、おもしろい美術館である。
脚注:最近フラッシュなしの撮影はOKになったらしいです。

Firence096.JPG
個人的に一番良かったのはここ『ピッティ宮殿美術館』だ。
少し離れた場所にあるためか、行列もほとんどなく
客も少ないのでゆったりと絵画がみることが出来る。

ここでオレは初めてラファエロの作品を鑑賞したのだが、
こいつは素晴らしい・・・
madonna_R.jpg
特に『小椅子の聖母』は暖色系の色使いが美しく
見ているだけであたたかみが伝わってくるようだ。

ニネもこの作品にはいたく感動しており
露天で売っている結構高いニセモノを買っていた。

そうオレには芸術家の卵であるニネと同じく
絵画に感動できる芸術的素質があったのだ。

ニケ2_R.jpg
やはりのび太はサイコパスではない。

バカンスシーズンは、やはり行列がネックになります。
日差しも強いので、水は忘れずに。


Sponsored Links


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

Lee

こんばんは。のび太さんとは逆に、この中ではウフィツィしか行かなかったんですよ。あ~うらやましい!ピッティ宮いいな。
その他ではサン・マルコ美術館が良かったです。
by Lee (2015-08-23 23:02) 

のび太

こんばんは。
サンマルコ!思い出しましたよ!
お昼に行ったら閉まってたとこだ!
ぐーたらフィレンツェ生活ではあそこは行けませんw
でも、静かそうで良さそうですよね、サンマルコ。
by のび太 (2015-08-24 00:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。