So-net無料ブログ作成
検索選択

20日目!サンマルコ広場にて [ヴェネツィア-イタリア-]

カレー.jpg
サンマルコと聞くと関西人ならカレーが食べたくなるかもしれない。

Sponsored Links



少なくともオレは持ち帰りで有名な
カレーチェーン店『サンマルコ』の名前を思い出す。

Venice055.JPG
だが、むろんこのサンマルコ広場とはほとんど関係はない。
あのカレー屋はなんとなくヨーロッパっぽいという理由で
その名前を命名したようだ。

ちなみにこのサンマルコとは
この街の守護聖人の名でもある。

Theo_R.jpg
〈多分この人がテオドロス〉

元々、ヴェネツィアでは聖テオドロスが守護聖人をやっていたのだが
「こんなマイナーな人じゃあねぇw」と街のみんなは不平でいっぱい。
だが九世紀頃のこと、ヴェネツィア商人たちは
一流聖人である『聖マルコの遺骸』を外国から密輸することに成功する(一説では窃盗)

突如やってきた大聖人の威光に
ヴェネツィアの民は大いに盛り上がり、
なんと守護聖人に対し『チェンジ』を言い渡したのである。

確かに聖マルコと言えば『聖書の四つの福音書』を書いた大聖人である。

だがな、テオドロスさんをみくびるなよ!
そりゃあ彼はwikiにも載ってないマイナーな聖人かもしれん・・・
せやけど、この人メッチャすごいんやぞ!

sait_R.jpg
遠からん者は音にも聞けや!テオさんはな!
邪教徒に奴隷として売られる子供を哀れに思い
「我が助けん!」と剣を振るった心優しきソードマスターなんや!

しかもドラゴンに咥えられていた母親も
ついでに救っちゃうというファンタジー界でも
随一の偉業を成し遂げたすごいお人なんやぞ!

その上、異教徒のパーチーに参加しろ!と言われて
彼らの神殿を焼き討ちにするテロ信仰心の厚い男なんや!

だが・・・そのテロ行為が仇となり、
彼は捕えられ殺されてしまったんや・・・
ちくしょう!敵にも手練れがいたもんだぜ・・・

ドラゴンキラー テオさんが捕まるとは・・・

そんな聖人らしい過激なエピソードが満載の彼であるが
『四世紀に殉教した』以外のエピソードはどうも・・・あれらしい。

ヴェネツィアンが聖マルコに夢中になったのも
ムリはないのかもしれない。

IMG_0293_R.JPG
そんなサンマルコの為に作られた広場には、
当然のごとくその遺骸を祀った『サンマルコ大聖堂』もある。
そしてメッチャ並んでる。

大聖堂は無料で入れるので大人気だ。
ちなみに二ユーロで予約が出来るらしいので、
バカンスシーズンは予約していった方がいいだろう。

そして・・・守護聖人をクビになったテオドロス・・・
彼の心配をする方も多いのではないだろうか?

だが心配は無用である。
ヴェネツィアンは彼を忘れてなどいなかったのだ。

テオ_R.jpg

彼は石像へと姿を変え、未だにこのヴェネツィアを護っているのである。
そう、たぶんドラゴンとかから。
テオさん、マジかっけーっす!


Sponsored Links


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。