So-net無料ブログ作成

20日目!プラハを発ちてヴェネツィアへ [プラハ-チェコ-]

Praha190_R.JPG
プラハ空港へはホテルのタクシーで向かった。

Sponsored Links


タクシー代は300コルナ(1,200円)だ。
この国の物価を考えると少し割高かもしれない。

だが今回の飛行機は早朝便で、
かつ、このホテルからはバスや電車での空港直通ルートがない。

乗り継ぎに次ぐ乗り継ぎを、
スマホもなくバックパックを背負い決行する。
結果が目に浮かぶようだ・・・
迷子_R.jpg
目の前でテイクオフする飛行機と
OTLの形で崩れ落ちるオノレの未来・・・
やはりタクシーで向かうのが一番いい選択だろう。

それに世話になったホテルに
少しでもお金を落としていきたかったのだ。
・・・決して!余ったコルナを使いきりたかったわけではない!

約三十分ほどでタクシーはプラハ空港へと到着した。
タクシーの運転手曰くターミナルには「1」と「2」があるそうだ。
wizzair_R2_R_R.JPG
なるほど、どちらかな?と航空券を確認すると
そんなのどこにも書いていないという
痛恨の嫌がらせを受ける。
WizzAirさんよぉ・・・マジ勘弁してください。

だが運転手氏は"I dont know"と震えて回答するオレに
「どこの国に行くのだ?」と優しく返してくださったのである。
オレは、ヴェネティアへ。と目線を航空券に向けたまま答える。

それを聞くや運転手氏は「それでは、ターミナル2だ」と
雄々しくオレをそこへ連れて行ってくれた。
聞くとターミナル1は欧州圏外へ行く飛行機がメインらしい。
オレは実にデキる男を雇ってしまったようだ。

仕事のできる漢は大好きだ。
オレは残った全てのコルナをチップだと彼の手に置いた。
まぁ、30コルナ(120円)ぐらしかなかったけど。
でも!オレはそれでジュース買えなかったんだ!
・・・決して!余ったコルナを使いきりたかったわけじゃないぞ!

wizzair_R_R.jpg
そしてWizz airの乗り心地はさっぱり覚えていない。
なんやかんやで一時間ほど遅れ、乗り心地以前の気持ちだったのだ。
よくわからんまま待たせやがって・・・
せめて理由は説明してほしいぜ!
・・・まぁオレが聞き取れなかっただけなんだけどな!

ヴェネツィア・トレビーゾ空港という
ヴェネツィアから実質20kmほど離れた地方空港にオレは到着した。

そこからはバスでヴェネツィア本島へと向かう。
なんといっても20kmである。
今までのLCC空港に比べたら近すぎる場所だ。

venice.jpg
バスで約三十分ほどで
海の向こうにヴェネツィアらしき影が見え始める。

そして、ようやくたどり着いたヴェネツィアは
本当に浮かれた街だった。
なんというか歩く人みな観光客!という感じで
街全体がざわめかしく陽気な雰囲気なのである。

のび太はココロが折れやすい。
一人だったらマジ泣いてたわ・・・
bridge_R.jpg
オレはバス停から駅につながる大きな橋を越え
ヴェネツィア駅へと向かった。

そう・・・オレが一人ぼっちではないことを証明するために!


Sponsored Links


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。