So-net無料ブログ作成

18日目!夜の始まり [プラハ-チェコ-]

Praha113.JPG
<怪しいチェコシリーズ01>
ニネからメッセージが入ったのは

ホテルに戻り一息をつく夜の十時頃だった。

Sponsored Links



マルタで知り合ったこのメキシコ人は
現在、フィレンチェに留学している。

もともとオレの方からフィレンチェに出向く予定だったのだが
彼女も休暇が取れたらしく
「いっそヴェネツィアで会わないか?」と持ちかけてきたのだ。
ヴェネチア_R.jpg

どちらにせよオレは
ヴェネツィアを訪れようと考えていた。
安田_R.jpg

だが、ヴェネツィアとは水の都である。
さらに消息筋の情報によると
『元モーニング娘の某さん』のこの写真でわかるように
ロマンティックが止まらない街だそうだ。

そんな浮かれたロマンス街でひとりぼっち。
ひょっとしたら、のび太は泣いてしまうかも知れない。

だがニネと一緒なら、
オレも女連れということで
ロマンティックが止まらない派に入れるのだ。

ああ、わかってる。
それがマガイモノだということは。
だが、花のマガイモノの造花もあんなに美しいではないか!
マガイモノの何が悪い!
聞いた_R.jpg

ちなみにホテルやフィレンチェに戻る電車のチケットも
オレの分まで手配してくれるらしい。
ええ娘や・・・ぜひ、この話に乗らせて頂こう!

そう、あとはオレが航空券を手に入れるだけなのである。
さっそくスマホで調べてみると
WizzAirなるまったく聞いたことのない航空会社が
プラハからヴェネチアに就航しているらしい。

早朝の便しかないが、価格は安いので何も問題はない。
さっそくオンライン決済を済ませ、
航空会社からの自動返信メールを受け取る。

メールにはURLが付記されており
そのアドレスのWebページでオンラインチェック後、
印刷をすればそれが航空券となるようだ。

航空券がとれた旨をニネに伝え
待ち合わせ場所を『明後日の正午、ヴェネチア駅』に決めると
オレは航空券を印刷するために
ホテルのフロントへと向かった。

あの悲しい喜劇が開幕されるとは夢にも知らずに。


Sponsored Links


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。