So-net無料ブログ作成

18日目!カレル橋の露天商 [プラハ-チェコ-]

Praha014.JPG
カレル橋は僕たちのモルダウにかかる古く美しい橋である。


Sponsored Links


1400年頃に建てられたこの古い橋は
当時、城へと向かう唯一の橋だったらしい。

Praha161.JPG
橋の上では色んな大道芸人たちが見世物をしている。
おひねりを出すのがイヤなみみっちいオレは
それをチラチラと横目に見ながら橋を歩く。

summer_R.jpg

すると、その横目に時計職人が出す露天商が目に映った。
そこにはハンドメイドの腕時計に混じって
あの天文時計塔のミニチュア版がポツリと置いてある。

手作りとは思えないほど細部まで精度が高い。

clock_R.jpg
もう、ボクこれめっちゃ欲しい!

しかし問題は残る。
600コルナ(24000円ぐらい)という
とんでもない値札がぶら下がっているのだ。

こりゃあダメだ!予算オーバなんてレベルじゃないぞ!
>交渉して100コロナにすればいい!スチームパンク万歳!

それに結構大きくないか?日本まで持って帰れんだろ?
>オレ力持ち。問題ない。スチームパンク万歳!

だいたい、こんなのオレの部屋のどこに置くんだ?
>そういう問題じゃない。スチームパンク万歳!

それに、こんなもん買ったら旅を続けられんぞ!
>だが、だが・・・スチームパンク万歳!
ええい!とりあえず時計職人に話しかけてみよう。

あの、これ安くなりま・・・
「NO(ムリ)」
あ・・・そうですか。

ここまで即答で拒否されてしまうと
もう続きの会話をする勇気なんて、なくなってしまう。
 
オレは出家前の尼僧のような心持ちで
後ろ髪をバッサリ切り落としその場を去った。

そう。オレは、旅を続けるのだ。


Sponsored Links


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。