So-net無料ブログ作成
検索選択

18日目!プラハ旧市街にて [プラハ-チェコ-]

Praha141.JPG
プラハは幼いころ読んだおとぎ話を連想させるような

メルヘンチックな街だ。

Sponsored Links


街の雰囲気は可愛らしく
お土産もあざといほど可愛い

Praha166.JPG

わあ!あれ、かわいい!
それだけで会話を成立させることが出来そうな街である。

それでいて街の中には魔女でも潜んでそうな
少し怪しい雰囲気も満ちている。
Praha023.JPG

オレの旅のスタイルは適当に歩いてナンボである。
とりあえず一番目立つ大きな城を目指して歩いてみよう。
それは行き先を決めるのが面倒だったからではない。

とは言っても、スタート地点だけは決めていた。
Praha006.JPG
そう、あの有名なヴァーツラフ広場である!

・・・うん、ごめんなさい。
その・・・かっこつけたかったです・・・
ボクもそんな名前の広場、全然ピンときません。

でもあれよ?ここは超有名よ?
みんなも絶対知ってるもん!

ここってプラハの春の舞台になった場所なんよね?
民衆がクソ共産主義なんてヤってられっかよ!
打倒!クソ政府だぁあ!!と集まった広場なんね。
spring_R.jpg

結果ですって?
もちろんソビエトおじさんは
そんな裏切りを許さないの。

だが、ここに戦車が乗り込んできたのは過去のこと。
いまではセグウェイが乗り込んできていて
この広場を席巻している。

そして、そこから土産物店を両脇に
城へと向かう道を進むと旧市街地広場に出る。

Praha020.JPG
そこには不思議な光景があった。
広場を囲む建物は同じ時代のモノではないのだろう。
ゴシック調の建物もあればロマネスク調の建物もあり、
よくわからん時代の建物もある。

そこは混然としていて統一感は無い。
ただチェコ独特の美的センスが
この空間に美しさを留めておいているように感じた。

時計塔_R.jpg

そしてそんな不思議な空間で最も人を集めているのは
何と言っても天文時計の塔だろう。
なんでも1410年製作らしい。

日本でいう日明貿易とか始めたときの物になる。
ほんと、とんでもねぇ古時計である。

clock_R.jpg
ただ時計としては、どうであろうか?
文字盤はごちゃごちゃしていて
いったい何時なのかすらよくわからない。
なにより天文時計の意味がわからない。

dagasore.JPG
もうそのムダ過ぎるゴテゴテ感は最高であり、
男の子なら誰しも持つ
スチームパンクスマインドを捉えまくりだ。
めっちゃかっこいいよ!!!これ!

オーバーテクノロジーだったのか
修理できず動かせない時代もあったらしいが
それもカッコいい!!

何時間かに一度、鳩時計のように
何かのギミックが動く仕掛けらしいが
ぶっちゃけソレはめんどくさくて
残念ながら時間もないので
そこまで待ってられない。

オレは後ろ髪を鷲掴みにされながらも
その場を後にしカレル橋へと向かった。

でも絶対あとでもう一回寄るんだい!


Sponsored Links


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。