So-net無料ブログ作成
検索選択

13日目!アムステルダムの天使-運河クルーズ- [アムステルダム-オランダ-]

euro2252.JPG
晴天の朝だった。

危険な路地裏にも朝は訪れる。

Sponsored Links



今日は近くのカフェサンドラと会う予定だ。
はじめはホテル待ち合わせの予定だったのだが
「え?そこヤバイところですよ?大丈夫ですか?」と
暗に拒絶され、待ち合わせ場所を変えたのである。

サンドラはバイトが休めないらしく、
今日だけの観光案内となる。

だが、それで十分だ。
いきなり一人でこの街を過ごすのは怖いんだもん。

脚注:実際にアムスの危険な場所は
ほとんどありませんので心配は無用かもです。
ただ中央駅付近はなんというかイヤなオーラがあります。
あとその周辺の路地は人通りのないところは後述しますがヤバイです。
特に夜は気を抜かないでください。

待ち合わせのカフェに向かうと
コーヒーを飲んでいるサンドラの姿が見えた。
地獄に仏さん、いや天使や!

再会が心の底から嬉しい。
アムスの洗礼を受け不安いっぱいのオレに
一筋の光が舞い込んだのだ。
天使.jpg

そして「まずはベタな観光コースでも行ってみますか?」と
立ち寄ったのは運河クルーズだった。
amsterdam019.JPG

本当にベタなコースであるが
船頭が解説する観光案内を
サンドラが追加解説してくれるので
とてつもなくわかりやすい。

amsterdam123.JPG
「真ん中の家、傾いているでしょう」
「アムスはもともと干拓地でしたからね」
「地盤沈下が激しいんですよ」

「あと建物の玄関が狭いのわかります?」
「昔は間口の広さで税金とってたんですね」
「だから、その対策で狭くしちゃったんです」

IMG_8006.JPG

「それで大きな家具を玄関から入れれなくなっちゃんですけどねw」
「だから、家具を家にいれる時、アパートの上に付いている棒見えますよね?」
「そこからヒモで吊り上げて窓から家具を入れるんです」
「もちろん今でも使ってますよ」
「昔は運河が道路代わりだったというのも理由ですかね」

amsterdam119.JPG
〈これは安い船・・・かな?〉

「大きな船があるでしょう?」
「あれに人が住んでいるんですよ」
「昔は貧乏な人が住んでたんですけど、今は金持ちのステータスになってます」
「あの船なんてすごく高いですよ?」

この娘がいれば『地球の歩き方』はいらないな・・・

amsterdam074.JPG

なにより当初、思い描いていた
かわいらしいアムスの街を満喫出来て大満足だ。

そして船から降りるとサンドラは
「食べ歩きでもしましょうよ」とオレの手を握る。

ボク、もうアムス怖くないよ!


Sponsored Links


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。