So-net無料ブログ作成
検索選択

06日目!電車のチケットとショコラ革命 [パリ-フランス-]

Montparnasse_R.jpg
《在りし日のモンパルナス駅》
TGVの発着駅であるモンパルナス駅はパリの南側にある。
そしてオレはそこの券売機の前で頭を抱えていた。

Sponsored Links



France-ticket-machines_R.jpg
券売機はタッチパネル式である。
むろん英語への切り替えモードもあるのだが、
切替ボタン・・・まったく反応せぬ。
な、なぜだ!

隣の券売機に移ったが、それも英語モードを拒絶した。
このオレにフランス語でやれというのか・・・

しかし券売機のユーザーインターフェースは優しく
出発時刻→駅→座席(車両等級)→人数の順番で
手続きはテンポよく進んでいく。

しかし最後に出てきたのはわけのわからん画面であった。
IMG_7548_R.JPG
なんだ?これは・・・
いきなり選択肢が8種類ぐらいあるじゃないか・・・
クソがぁ!ユーザーインターフェースを考えろよ!

しかも背後には、人が並びはじめ、
小心者なオレに無言のプレッシャーがかかり始める。
ここまできて引き返せるものか!と
一番安いチケットを選ぶ男前なのび太。

値段は20ユーロだった。
IMG_9801.JPG
いやいや・・・これは安すぎじゃね・・・?
ほんとうに大丈夫かよ・・・?

不安になったオレは駅員に聞きに行くのだが
めんどくさそうに「問題ない」と言われてしまう。

マジかよ・・・?
しかし問題ないと言うからには問題はないのだろう。

そして、まだ時間はあったので
オレはメトロでシャンゼリゼ通りへと向かった。

そう、日本人としてよそ様の家に手ぶらはいかん!
オレはフランス人をもうならせる手土産を買わねばならんのだ!

LAvenue des Champs-elysee2_R.jpg

シャンゼリゼ通りには美味しそうなスイーツの店も多い。
ケーキは日持ちしないよなぁ・・・なににしよう?
ウィンドウショッピングをしながら歩いていると
オレの目に洒落たチョコレートの専門店が映った。

なるほど、チョコはいいかもしれん。日持ちするし!
コレは良きアイデアぞと店内に入ると
さっそく店員が「試供品です。どうぞ」とチョコの欠片を俺に渡した。

ふうむ。フランスのチョコねぇ?
まぁ、試してやるかと
上から目線でソレを口に入れると
そのチョコは口の中でキレイに溶け、
舌先にまで品のいい甘みが広がった。

普段チョコレートなんて食べないが
この味を知らずに人生を終えようとしていたことに
絶望を感じるレベルの美味しさだ。

umai.gif
こ、こいつぁすごい!

手土産はこれしかねぇな!と値札をみると・・・
セットで100ユーロ・・・だと・・・!?
み、みなさん!チョコレートに一万円ですよ?
のび太の旅行記のルールは一日100ユーロでぇす!とか言ってんのに
これは一体何が起こっているのだ!

クソがぁ、ブルジョワめ・・・
貧民なめやがって・・・
もう!こうなれば!革命しかないわい!
ブルジョワどもを排し、富の分配を行うのだ!
今ここにチロルチョコ党を結成し
百年遅れのマルクス共産主義革命を実行じゃああ!

567_R.jpg

ひとり憤慨し、店から逃げ出そうとした
プロレタリアートのび太であったが
『訳ありセット』なるものが残っているのに気づいた。
量は少なくカタチの悪い失敗作だが、20ユーロと格安だ。

むろん『友人への大切なお土産』であることを忘れてはいない。
だがオレは「正規品」より「ワケあり」の方に手を出しがちな
価格至上主義である関西人の哀しき魂も忘れていない。

わけありねぇ・・・フランス人、そんなんわからんやろ?
そんなナゾのノリが成立し、
しかも自分用にバラ売りチョコもひとつ購入してしまった。

tiroru.jpg
ちなみにバラ売りチョコは一粒3ユーロという驚きの価格だ。
チロルチョコより小さいのに・・・

チョコを片手にホテルの狭い部屋に帰ると
再び革命の炎がチラチラと燃え上がる。

やはり・・・やはり解せぬ・・・
こんな小さな塊でチロルチョコ15個分の値段だと・・・!
世はどうなっておる!
ブルジョワジーがこのような格差社会を生み出しておるのか!
余が・・・余が滅ぼしてくれる!!
貴族のやつら.jpg
オレの脳内で革命の計画が練られはじめる。
まずは19-20区の移民達をチロルチョコで買収、扇動する!
あとは流れのままパリ市庁舎を焼き討ちじゃあ!

くされブルジョワどもめ・・・
ワシのような平民以下の第四身分をなめると
どういう目にあうか思い知らせてくれるわ!

724_R.jpg
フランス万歳

ええい!こんなもの!
オレは指先のチョコレイトを叩きつけるように
口の中に投げ捨てた。

・・・舌先にまで幸福な味が広がる。

ブルジョワなんて・・・
ブルジョワなんて・・・
なんて最高なんだ・・・

《脚注》
し、信じられん・・・日本でも売っているとは・・・
恐ろしい連中だ。
ブルジョワな方はぜひ試してみてください。
オレは買いません。いや・・・買えません・・・


Sponsored Links


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

Lee

モンパルナス駅の写真すごいですね
事故か戦時中のものでしょうか?
by Lee (2015-06-15 00:24) 

のび太

WWI以前の事故らしいですね。
ブレーキがぶっ壊れて、終点なのに次の駅を目指してドカーンです。
奇跡的に乗客、乗員は全員無事なのに
新聞売のお姉さんが破片にあたって亡くなったそうです。

by のび太 (2015-06-18 22:36) 

viviriNyoroK28

ピエールエルメ食べましたねw 最高です!
by viviriNyoroK28 (2015-10-12 14:33) 

のび太

viviriNyoroK28様
あの最高さ(トレビアーン)を理解しあえること。
まさに光栄でございますwww
by のび太 (2015-10-13 18:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。