So-net無料ブログ作成
検索選択

04日目!花の都パリへ [パリ-フランス-]

ryanair_R.jpg
クスンクスンと涙を流すオレを
ライアン航空はパリへと運んだ。

Sponsored Links



そして到着した空港を見て愕然とした。
ビックリするほど何もねぇ・・・これが花の都パリかよ?
涙も枯れ果てるわ!!!
beauvais (1).JPG
いや、もちろんわかっている。
これがライアンの策略だということは。

ここの名はパリ・ボーヴェ空港である。
しかし、パリを名乗るんじゃねえよ!この詐欺師め!と
思いっきりののしりたくなるこの空港は
市街地から約90kmに位置する
本気で何もないプレハブ空港だ。

勿論こんなところに用はないので
バスの券売機でサッサとパリ行きのチケットを買い、長蛇の列に並ぶ。

満員になれば出発するピストン方式なので
バスの弾があるうちはなんの問題もなく乗れるはずだ。

脚注 駅とかもあるらしいですが遠いです。

連日連夜のバカ騒ぎで疲労困憊が続くオレはバスに乗り込むなり、
あっというまにグースカさんとなり
隣りに座ったパリジェンヌ(推定)に起こされパリへの到着を知った。

とりあえず、時間は早いが宿へ行こうと
オレはメトロに向かった。
paris20Porte_Maillot_R.jpg
前日、懐かしいパリっ子ピエールとチャットをし、
パリのことに関する注意をいくつか受けていた。

1、何泊かするならメトロはカルネチケットを買え。
2、おすすめの観光地はありますか?⇒そんなものない。
3、今夜は空けておけ。

carnet_R.jpg
カルネとは十枚綴りの回数券のことである。
定価より3割近く安くお得なので
パリをうろつく予定があれば是非買っておきたい。

ピエールの言葉に従い、
券売機でソレを買おうとするが、オレの10ユーロ・・・弾かれまくりです。
クソがぁ!券売機風情がなめやがって!
ヒマそうにしている駅員にカルネワン!と頼むハメとなった。

そこからパリ11区にあるVoltaire駅に向かう。
・・・ってかなんて読むんだ?この駅?
ボルタレ?
パリの駅名を覚えるのは至難の業だ。

paris-.jpg
余談だがパリは東京のように区で分けられている。
ただ、名前はなく、1区2区と全て数字での表記だ。
ピエールの話では数字が小さいほど安全で、大きいほどヤバイらしい。
オレの泊まる11区はまぁ普通の治安だそうだ。

そして11区には無事に着いたが、
ホテル探しは予想以上に難航した。
実は小さなホテルの看板があったのだが
ホテル自体、周りの建物との違いがまったくないので
なんども見落とし、路地裏までウロウロするはめになったのだ。

だが・・・そんな予定外の時間つぶしをしても
まだ正午だ。

14:00チェックイン受付とあったので
荷物だけでも預かってもらおうとホテルに入る。

禿げたオッサンに予約したことを告げると
「一番上の部屋だよ」とカギを渡された。

え?あれ?まだ12時なんスけど?
「うん?ああ、掃除は終わってるよ?」
・・・深く問うことはやめよう。

カギを受け取り部屋に向かうが
このホテルにはエレベーターという文明の利器はない。
最上階の七階までが実に遠い。
もう、部屋に忘れ物したら泣きわめきそうだわ、これ。

pari219.JPG
息を切らせながら
部屋のドアを開けるとそこは屋根裏部屋だった。

すっげー!なんか隠れ家みたいじゃん!
なんてオシャンティーなんだ!
赤毛のアン状態ではしゃぐオレ。
貧乏であれば部屋があるだけでも喜べるのだ。

そしてこの部屋でまずすべきこと!
それは・・・寝ることです。
もう限界・・・だ・・・


Sponsored Links


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 2

Lee

とうとうパリに到着!!待ってました^o^/

自分もパリに滞在したことがあるので
ついつい語りたくなってしまうのですが・・・
(奥が深いですよ~あそこは)

じっくりのび太さんのレポートを
楽しみたいと思います。わくわくです。

p.s.駅名の読みはヴォルテールかな
by Lee (2015-01-29 01:15) 

のび太

わかります!
あそこは語りたくなる魅力がある街ですよね。

パリ行ったという話だけで友人と何時間語らったことか。
ぜひLeeさんも語っていってください。

PS.ヴォルテールですと!
なんかボルタレならパリがイモ臭い感じなのに。。。


by のび太 (2015-02-09 04:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。