So-net無料ブログ作成
検索選択

01日目!ぷろすてぃちゅーとの退き口 [バルセロナ-スペイン-]

barcelona1001_R.jpg
〈前回のあらすじ!〉
バルセロネータビーチで戦うのび太であったが・・・

Sponsored Links


 

barcelona021_R.JPG
長い時が過ぎ去った。

獅子のごとく咆哮し砂浜の戦場を駆け巡ったのび太であるが
ついに弓折れ矢尽き、石畳へと腰をおろしていた。

しゃべりすぎてノドが痛くて、
踊りすぎて足が痛いです・・・

その上、尿意をもよおしているが
公衆トイレには恐ろしいほどの列ができている。

あんなん並んでらんないよ・・・
もうここでしちゃおっかな・・・?
そういう需要だってあるかもしんないし・・・

そう・・・大和魂を使い切ったオレには
もう女々しんぼな魂しか残っていなかった。

マジどうしよう・・・
そう迷っていると突然アジア人女性がオレの隣に腰掛けた。
しかも「アナタ、とてもかっこいいデスねー」と声をかけてくるではないか!
ううむ!この女性はオレの中にある大和魂の残滓を見抜いたらしい。
なかなかに見どころのある女性だ。

最年少のグスタフがオレを見つけ、声をかけようとしてくるが
状況に気づき「のび太やべえな!」と目で語りかけてきた。

うむ。三番槍はワシのものじゃあ!とうなずきかえすオレ。

まずはコミュニケーションよ!とばかりに軽い話題をふるや
「200ユーロホテル一緒にどうデスかー?」との返答が・・・
そんなこと聞いてないぞ!
出身国を聞いただけなのに・・・これはいったい何なんだ・・・!!

なぜオレの周りにはこんなんばっかり集うのか・・・ 
samurai2.JPG
オレは鐙(あぶみ)踏ん張り立ち上がり、
膀胱が破裂しそうなのでござる!ごめん!!と
雄々しく別れを告げトイレの列に逃げ込んだ。

するとグスタフがトイレの列に並ぶオレを目ざとく見つけ
「あれ?なんでここにいるの?」と野次馬根性で尋ねてきた。
尿意を我慢しながら事情を話すと
「やべえ!オレ100ユーロなら出せるから行ってくる!」と
グスタフは駆けだした。

十七歳にして女を買うつもりなのか・・・?
まったく、ただれた野郎だぜ!
 
そして彼はそのまま明け方近くの薄い闇の中に
消えていってしまった。
barcelona001_R.J...JPG
5時半の始発が始まる頃、ブラジリアンと合流する。
みな満足そうな顔をしているが、さすがに疲労困憊でもある。
まとめ役のマリーが「あれ?グスタフは?」とあたりを見渡す。

ヤツなら、遠い世界に旅だったよ。と遠い目をするオレ。
「え?あの子、ナンパ成功したの?」
いや?金だして買ってたよ。
「うわぁ・・・グスタフ、サイテー・・・」

グスタフよ。違うんや。眠かったからや。
おいちゃん眠かったから、
ついお前をかばうことを忘れてたんや。

100ユーロで交渉成立したはずなのに
結局200ユーロを脅し取られたダメっ子グスタフ。

オレたちがケタケタ笑いながら
彼からその話を聞くのは少し先の話だ。


Sponsored Links


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。