So-net無料ブログ作成
検索選択

九十日目!マルタとの別れ [マルタ-留学・講師編-]

malta444.jpg
それは壮大なお別れ会だった。


Sponsored Links


いきなりレストランに連れて行かれ席に着くや、
クラッカーを浴びせかけられ
二十人以上の友人たちから別れの言葉をかけられると
不覚にもこみ上げてくるものがある。

ただですなー・・・
サプライズするならもっとコソコソやろうぜw
計画段階からだだ漏れじゃないかw!
レストランの立て板に書いてある「Farewell to Nobita」って
文字を見えない振りしたり、
おどろいたフリすんのも難しいんやぞ!

くそっw・・・ありがとうございます。

あ!あとレストランで『Foreverチンチン!』の合唱はやめてください!
『さようなら、また会いましょう』だって教えただろ!!!!

MaltaAirport.jpg
次の日の朝、オレはマルタ空港でバルセロナ行きの飛行機を待っていた。

多くの友人に囲まれ過ごしたマルタ。
思えばここでは教えたことより、教わったことの方が多いような気がする。

年齢、文化、言葉、人種すべてが異なる彼らと
互いに分かり合おうと過ごした日々は
月並みな言葉では表現できないすばらしい日々だった。

旅立ちの朝、学校に見送りに来た彼らが泣きだすものだから
オレは泣くことすら出来なかった。

「空港まで見送りたいよ」
そんな優しい言葉をオレは謝辞した。
オレは一人になって泣きたかったのだ・・・

・・・いやごめん。ウソです。
いや、オレだって一人だったら空港の便所でうんこしながら泣きますよ?

だがオレはひとりでは・・・ないのである・・・

というのもブラジルの友人にバルセロナ旅行の話をした時に
「バルセロナ?いいじゃん!なんなら一緒に行こうぜ!」と声をかけられ
こいつぁ面白そうだと快諾していたのである。

そして気が付けばブラジリアンは増殖し
総勢七名と行くバルセロナ修学旅行へと変貌してしまったのだ。
もう波乱の予感しかしない。

そして彼らはオレの後ろでキャーキャーとおしゃべりに夢中である。
こんな騒がしい環境で泣けませんがな!
センチメンタルに浸る時間はどこですか!
 
つーか、お前ら昨日のお別れ会のとき
めっさ泣いてたけど、よく考えたらなんでやねん!
crycartoon.jpg


Sponsored Links


タグ:留学 マルタ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。