So-net無料ブログ作成

六十五日目!旅立ちへの決意 [マルタ-留学・講師編-]

malta002.jpg
マルタでの生活も半ばを過ぎた。

 

Sponsored Links




すこし振り返ると
ソレは本当にオレに人生だったのか?
そう疑うほどに楽しい日々であった。

やれ寿司を作れと料理センスが無いオレに無茶振りをする友人たち。
まかせよと市場に行き、マグロを買い中国産の謎の酢で酢飯を作る。
そんな適当な料理をうまいうまいと食う友人たち。
戯れにつくったワサビ100%の寿司を出し、悶絶する友人たち。
 hunter.jpg
(店で出したらこうなるレベルの寿司だった)

クラブ通いの毎日で寝ぼけまなこで受ける授業。
隠語しか教えない謎の日本語教室。
 
船で大海原を駆け巡ったり、
ビーチなぞガキの行くところじゃあ!と
ヤンチャなアホ共と崖から海へ飛びこむアドベンチャーな日々。

何もかもが終わればすべてが懐かしくなる。
ぽろり.jpg
 〈こんな感じにノスタルジー〉
 
もうすぐオレがマルタに来て三ヶ月を迎える。
それがオレの教師としての契約満了日だ。
 
ビザ自体はかなりずるい手段で四ヶ月とっていたので
本当は残った一ヶ月もマルタで過ごすつもりだった。

というのもマルタは物価が日本よりも安く、
一泊三千円ぐらいの安いホテルや
3~5万円で一ヶ月過ごせる短期アパートなどもあるので
金を使わずに過ごすにはうってつけだと思っていたのだ。

しかし、とある日にマルタでどういうバカンスにしようかな?と
友人に相談すると怪訝そうな顔でこう忠告された。
「飛行機も安いんだから、ヨーロッパまわればいいのに・・・」と。

ああ?貧乏人なめてんのか!飛行機が安いだぁ?
ケッ!お前らボンボンはいいよな!と
せっかくの忠告にキーキー悪態をつくオレに
友人は呆れ顔でiPadの画面を見せた。

 malta001.jpg
それはマルタ→バルセロナ間のライアン航空のチケットの画面であった。

値段は19ユーロと表示されている・・・
えと日本円に直すと・・・1900円!!!??

なんすかこれ?バス並みやん!
日程的には合わないが
よく調べると5ユーロのチケットまで発売している。

JRで大阪から滋賀へ行くようなノリでバルセロナに行けるのか!
ライアンすっげー!
 
ここヨーロッパはLCC(格安航空機)が異常なほどに発達している。
「そこには空気乗せて飛ぶよりマシや!」
「初めはクッソ安いプライスで売ってなんとしても満杯で飛ぶんや!」という
お客様にも優しい守銭奴魂があるのだ。
 
実にうらやましい・・・
 
ってか、日本もアホみてぇに空港余ってるんだから
もっとガンガンやろうよ!

こうのとり但馬空港を、新京都空港と名乗らせて
到着した乗客を困惑の海に沈めてしまうような
貪欲さを見せて欲しいものだ。

脚注 LCCの発着空港は大都市の名前が付いていますが
大体がその大都市から離れた僻地です。
 
他の航路も調べてみたが
基本的には有名な都市は全て格安で行けそうだ・・・

なんてこった!
こりゃあマルタで沈んでる場合じゃないぞ!
だいたいマルタなんて全部行き尽くしてんだよ!
初めの一ヶ月でな!
 
こーなったらもう!ここに留まる理由なんかないわい!!!
冒険や!冒険出るんや!

忠告してくれた友人の生暖かい目にまったく気が付かないまま
オレは無心でキーボードをたたき
気がつけばバルセロナ行きのチケットを予約していた。
思えばこれがオレのヨーロッパ旅行への初期衝動であった。
タマゴ_R.jpg

Sponsored Links

タグ:留学 マルタ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。