So-net無料ブログ作成
検索選択

今回のヨーロッパ周遊旅行の条件 [プロローグ]

貧乏_R.jpg
このヨーロッパ旅行記は『貧乏旅行』を
裏テーマとしてあげており、とある制限をつけています。


Sponsored Links



それはヨーロッパ周遊旅行にかかる約一ヶ月間の費用を
マルタで稼いだ三千ユーロ以内に抑えるということです。

つまり、だいたい『一日100ユーロ』は使っていいよ!ってことですね。
  
おいおい!なにが貧乏旅行だ!
いきなり看板に偽りありまくりじゃないか!
一万円あればなんでもできるわい!
(当時1ユーロ=約100円)

うむ!仰るとおりだ!
のび太よ、調子に乗るな!
そう自分で自分を叱りつけたいのですが・・・
我が君.jpg
だがちょっと待って欲しい。

まずのび太はアホの子なのです。
今回は下準備なし、行き当たりばったりという
アナーキートラベル方式を採用しているのです。

ヨーロッパを本当に安く旅するのに
不可欠なものは事前予約です。
前もって計画的に旅を企画できる才のあるものは
交通機関、ホテルなどで早割という恩恵をうけらるのです。

ですが、のび太のようなアホの子というものは
「よぉし、明日はプラハ行っちゃうぞう!」と
完全にノリで
動いちゃうので、そんな恩恵うけれません。

そして極論ですが、本気の貧乏旅というのは
ドミトリーで泊まり、自炊して、金の無駄になる観光地は行かない。
この三点セットで行くべきでしょう。

ですが、それをするとこの旅が
「外こもり旅行記」となってしまうのは明白です。
 
そこでカネを使わざるを得ない三つの条件を付けました。
条件.JPG

①ホテルはシングルで(住の充実)
・ドミトリーには基本泊まらない。

②夕食はレストランでとる(食の充実)

・ケチりすぎるとメシを抜き始める可能性があるため。
 
③街歩きをメインとして観光地も興味があれば入る(心の充実)
・外こもり対策。

この三点のバラマキ福祉政策を実施すれば
『一日100ユーロ』という緊縮財政下にあっても旅らしい旅になるはずです。

ちなみに今回の旅では「地球の歩き方」すら持っていません。

こんなレベルでヨーロッパを自由決ままな山下清ばりに旅をすると
実際、お幾ら万円かかってしまうのか?

本編でもお小遣い帳を付記したいと思いますので
旅の参考にしていただけると幸いです。

備考:当時のレートですが
民主党様がチョンボかましまくりだったので
1€=100円を切ることもありました。
最高93円ぐらいまで円高してくれたっけ・・・

この旅行記では平均値として
1€=100円で計算していきます。


Sponsored Links


タグ:プロローグ
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 2

Lee

さすが底値の時期にストライクでしたね~
今ならこうはいかない・・・( ̄∀ ̄)b
条件設定もおみごとですが、さてさてわくわく

by Lee (2014-11-10 00:55) 

のび太

Leeさん 

こんにちわ。
本当にストライクで
あの時は注視という言葉が大好きでしたw

まだまだ書きかけのブログですが
末永く見守ってやってください(^_^;)

by のび太 (2014-11-16 00:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。