So-net無料ブログ作成

プロローグ のび太はいかにしてヨーロッパに逃避したのか。 [プロローグ]

バク.png
インドから帰国したオレは夢うつつで
あった。


Sponsored Links



インドは豊潤の大地であった。

左手でウンコを拭く。
ヒトを含むあらゆるケモノのクソに彩られた道端。
常に背後が気になるスリリングなDAYS。
行き交う人に唐突に話かけられ
気がつけばトラブルへと発展する日常。

そんな日常とは思えぬ日常こそがインドの真骨頂であり
そんなカオスの中でオレは常に笑っていた。

 
しかしそんな激しすぎるカオスと比べると
日本の生活は昨日のメシすら思い出せないほど安穏とした・・・
いや退屈そのものだった。

インドでの狂乱の日々を思い出すたびに
オレはあの日々を取り戻したいという欲求に
耐えることができなくなっていった。   

ネパール_R.jpg
〈ネパールの道端では危ないクサが自生しているそうだ〉

Facebookをみるとドラえもん(脚注・インドの友達)が
ネパールで危なそうなクサ
を燃やしてる写真がアップされている。

なんつーか、すっげー楽しそうだよな・・・
 
ああ・・・オレも行っちゃおうかな・・・?
今年はフィリピンにも、インドにも行ったし
もうネパール行ってもなんてことないよね?

そう・・・今年のテーマは常在戦場だ!!
長岡藩では「常に戦陣を心がけよ」と
殿サンすら座布団を使わず
ヤンキーのように床へ直に座っていたという。

そうオレも安穏の象徴たる座布団を捨てるのだ!
あえて地べたに座る!そんな気概を持つのだ!

そして、この腑抜けた精神を鍛えなおそうじやないか!!
そうだ!だからこそネパールへ向かうんだ!
オレは行く!ドラえもん!待っててくれよ!

一年はもう半ばを過ぎていたが、
オレは新たなる新年の抱負を胸に
新たな旅の扉を開ける決意をしたのであった。

Sponsored Links


タグ:プロローグ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © のび太のヨーロッパ旅行記 -異国人と行く赤貧旅行記- All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。